NewsNews

スマートフォンを利用したe-Taxを体験! ~眞鍋球団オーナーと竹下球団副社長が参加~

2021-02-16

姫路税務署では、令和2年分確定申告の受付開始に合わせ、自宅からe-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用した申告を普及するためのPRイベントを2月15日に開催。この催しに、姫路市をホームタウンとするプロバレーボールチーム「ヴィクトリーナ姫路」から、眞鍋政義球団オーナーと竹下佳江球団副社長が参加しました。
当日は、眞鍋オーナーがタブレットを、竹下副社長がスマートフォンや使って、e-Taxを模擬体験しました。
体験を終わって眞鍋オーナーは、「今年はコロナ禍での申告になるため、自宅からでも簡単に手続きができるのでぜひ利用してほしい。皆さん、早めの申告を」とPR。また竹下副社長は、「4年前にもこの催しに参加しましたが、当時と比べて随分簡単にできるようになりました。日頃スマホを操作するのと同じ感覚でできるのでお勧めです」と感想を述べました。
なお、姫路税務署では、緊急事態宣言の期間が確定申告の時期と重なるため、申告期間を2月16日から4月15日までに延長して受け付けています。また、確定申告会場となる姫路労働会館での受け付けは、感染症対策の一環として入場整理券が必要です。詳しくは、姫路税務署☎079-282-1135(代表)へお問い合わせください。

スマートフォンを利用したe-Taxを体験! ~眞鍋球団オーナーと竹下球団副社長が参加~

スマートフォンを利用したe-Taxを体験! ~眞鍋球団オーナーと竹下球団副社長が参加~

BACK

いいね!